ユーザサポートサイト>ホームページ >HTTPSサイトの準備から公開まで

HTTPSサイトの準備から公開まで

1.概要

https://お客さまドメイン でWebページを公開するための手順をご案内します。

2.SSLサーバー証明書の取得

グローバルサイン などの認証局発行のSSL証明書を使用します。
お客さまご自身で申込、および、弊社に設定依頼の申請を行う必要がありますが、信頼性が高い証明書です。

※SSL証明書は親ドメインにのみ設定可能です。
※お客さまご自身で取得されたSSL証明書の持ち込みも可能です。

3.ホームページコンテンツの公開方法
3-1. アップロード先ディレクトリ

http:// と https:// では、ホームページコンテンツのアップロード先が異なり、/ssl内のディレクトリにコンテンツをアップロードする必要があります。
また、http、https の両方を公開するには、必要に応じて同じコンテンツをそれぞれのディレクトリにアップロードする必要があります。

http://お客さまドメイン名 の場合 https://お客さまドメイン名 の場合
/ home
cgi-bin
cgi-def
app-def
/ ssl home
cgi-bin
cgi-def
app-def
ssi-def

※ sslディレクトリは、SSLサーバ証明書利用時のみ表示されます。
※ http用コンテンツ、https用コンテンツ、それぞれを上のディレクトリに設置した場合、ディスク容量をそれぞれ消費します。

FFFTPを使用

アップロード先ディレクトリ

3-2. アップロード方法

FTPでサーバーに接続します。
接続設定についてはFTPの設定・使用方法のページをご覧ください。

1)FTPで接続するアカウントは、admin、Web特権ユーザ(webadmin1、webadmin2、webadmin3) のいずれかをご利用ください。

2)接続先のディレクトリは次の通りです。

 接続先ディレクトリ: /ssl
 FTPで接続すると、次の画像のように表示されます。

接続先ディレクトリ

3)データをお客さまのサーバに、用途別にそれぞれのディレクトリにアップロードしてください。

お客さまのHTML・CGI・PHP・SSI    home
お客さまのCGI cgi-bin
弊社製CGI cgi-def
弊社製PHP app-def

※ dataに設置したファイルには、Webからアクセスすることはできません。
FTPのデータ置場等にご利用ください。

4)お客さまの https サイトにアクセスし、コンテンツが表示されることをご確認ください。

4.WebサイトのSSLサーバー証明書の確認方法

代表的なブラウザでのSSLサーバー証明書の確認方法をご案内します。
SSL証明書の有効期限、内容の確認などにご利用ください。

Internet Explorer9 の確認方法

1) https://お客さまサイトのURL を入力し、HTTPSのコンテンツを表示させる。

接続先ディレクトリ

2) ブラウザ上の画像などがないところで、右クリックして[プロパティ]を表示させます。

3) [証明書]をクリックすると証明書の情報が表示されます。

接続先ディレクトリ

Firefox21の確認方法

1) https://お客さまサイトのURL を入力し、HTTPSのコンテンツを表示させる。

接続先ディレクトリ

2) URL左の鍵マークをクリックして、さらに、[詳細を表示]をクリックします。

3) [証明書を表示]をクリックすると証明書の情報が表示されます。

接続先ディレクトリ

接続先ディレクトリ

5.アップロード後の作業

https://お客さまドメインでサイトを公開されるにあたり、リダイレクト設定やリンク先の変更の作業を行われることを推奨します。


top