ユーザサポートサイト>ホームページ >機能

機能
1.サーバーソフトとバージョン

WebサーバーソフトはApache のバージョン2.2になります。

2.対応プロトコル

HTTPとHTTPS(SSL)に対応しています。HTTPSはSSLサーバー証明書(有料オプション)を申し込むと使えるようになります。
SSLサーバー証明書の詳細は、サービスサイトをご確認ください。

3.対応コンテンツ

各種コンテンツへの対応状況は次の通りです。

HTML HDML(EZweb)
JavaScript RealAudio / RealVideo
Javaアプレット QuickTime
Javaサーブレット × Windows Media
スタイルシート ASP (Active Server Pages) ×
CGI ※1 JSP (Java Server Pages) ×
SSI FrontPage Server Extentions ×
PHP ※1 データベース (MySQL)
Flash データベース (SQLite)
CompactHTML(iモード)    

※1サイト管理者(admin)・Web特権ユーザーのみ使用可能。

4.ドキュメントルート

ドキュメントルートはホームページの一番上の階層として見えるディレクトリです。
スマイルサーバでは /home ディレクトリがドキュメントルートに設定されています。
サイト管理者(admin)・Web特権ユーザーはドキュメントルートにホームページのデータを置くことができます。その他のアカウントでは置くことができません。

ディレクトリの構造についてはオンラインマニュアル「Web機能 ディレクトリの構造」をご確認ください。

5.デフォルトドキュメント

デフォルトドキュメントとは、ブラウズを行う時にファイル名を省略してアドレスを入力する事が出来る 特別な名前のファイルです。
一般的にトップページ用のコンテンツをデフォルトドキュメントにします。

スマイルサーバではディレクトリによってデフォルトドキュメントとして使えるファイル名が異なります。 各ディレクトリのデフォルトドキュメントは次の通りです。

/home・/ssl/home・/app-def・/ssl/app-defディレクトリ
Webユーザーの /(ルート)ディレクトリ

同じディレクトリにこれらのファイルがある場合は、上記の順で先に書かれている方が優先的に使用されます。

なお、/cgi-bin・/cgi-def・/ssl/cgi-bin・/ssl/cgi-defディレクトリではデフォルトドキュメントを使用することはできません。

6.URL
サイト管理者(admin)・Web特権ユーザー

ホームページのコンテンツをブラウザで表示させる時のURLは 次の通りです。

ディレクトリ URL
/home http://(ドメインまたはIPアドレス)/(ファイル名)
/cgi-bin http://(ドメインまたはIPアドレス)/cgi-bin/(ファイル名)
/cgi-def http://(ドメインまたはIPアドレス)/cgi-def/(ファイル名)
/app-def http://(ドメインまたはIPアドレス)/app-def/(ファイル名)
/ssl/home https://(ドメインまたはIPアドレス)/(ファイル名)
/ssl/cgi-bin https://(ドメインまたはIPアドレス)/cgi-bin/(ファイル名)
/ssl/cgi-def https://(ドメインまたはIPアドレス)/cgi-def/(ファイル名)
/ssl/app-def https://(ドメインまたはIPアドレス)/app-def/(ファイル名)

/ssl/~のディレクトリはSSLサーバー証明書(有料オプション)契約時のみご利用になれます。
なお、 http://(ドメインまたはIPアドレス)/cgi-bin/ というアドレスは/cgi-bin ディレクトリに割り当てられていますので /home/cgi-bin というディレクトリを作成しても、そのディレクトリ内のファイルをブラウズする事はできません。
/home/cgi-def・/ssl/home/cgi-bin・/ssl/home/cgi-def も同様です。

Webユーザー

ホームページのコンテンツをブラウザで表示させる時のURLは次の通りです。

ディレクトリ URL
/ http://(ドメインまたはIPアドレス)/(アカウント名)/(ファイル名)

なお、 http://(ドメインまたはIPアドレス)/(アカウント名)/ というアドレスはWebユーザー用のディレクトリに割り当てられていますので、サイト管理者(admin)・Web特権ユーザーにて/home/(アカウント名)というWebユーザーと同名のディレクトリを作成しても、そのディレクトリ内のファイルをブラウズする事はできません。

また、他のサーバーではアカウント名の前に「 ~ 」(チルダ)が入る場合がありますが、スマイルサーバでは「 ~ 」は付きません。

7.Webアクセス制限機能

サイトマネージャー・WebマネージャーからWebアクセス制限を行うことができます。
ID・パスワードによる認証やアクセス元の制限を行うことができます。

アクセス制限の設定を行うと制限をかけたディレクトリに「.htaccess」「.htpasswd」ファイルが作成されますが、このファイルは削除・変更しないでください。正常に動作しなくなる可能性があります。

8.SSLオプションの対応プロトコル

スマイルサーバのSSL機能はHTTPSプロトコル(ホームページ)に対してのみ有効となっています。
但し、FTP(ファイル転送)・ SMTP(メール送信)・POP3(メール受信)などのプロトコルはSSLオプションをご利用になっていなくてもSSLによる暗号化通信機能が標準でご利用になれます。

9.子ドメイン設定時の挙動

子ドメインを設定されている場合、http://子ドメイン/ でアクセスすると、http://親ドメイン/ で表示されるコンテンツと同じコンテンツが表示される仕様となっております。
なお、http://子ドメイン/でアクセスした際に、http://親ドメイン/と別のコンテンツを表示させるには、マルチドメイン設定が必要です。
詳しくは、機能一覧の「マルチドメイン設定ツール」をご確認ください。
※ 親ドメイン、子ドメインの詳細は、機能一覧の「マルチドメイン」をご参照ください。

10.「.htaccess」によるカスタマイズ

「.htaccess」ファイルを使用してApacheの動作をカスタマイズすることができます。
スマイルサーバのApacheには次のモジュールが組み込まれています。

注意

上記で赤字になっているものは、機能が分割された等でApache2.2系から名称が変更になっているものです。これらを使用するカスタマイズを行われる場合は、変更点をご確認の上ご使用ください。

AllowOverrideディレクティブで上書きが許可されている属性は以下の通りです。ディレクトリによって 違いがあります。

/home・ /app-def ・ /ssl/home・ /ssl/app-def
/cgi-bin ・ /cgi-def ・ /ssl/cgi-bin ・ /ssl/cgi-def
Webユーザーの /(ルート)ディレクトリ

次の条件をすべて満たしているディレクティブであれば「.htaccess」に記述して使用することができます。

具体的な.htaccessの使用方法についてはApacheについて解説されている書籍やホームページなどをご参考に、お客さまの責任においてご利用ください。

お問い合わせ

スマイルサーバに関するお問い合わせ・ご相談を受け付けております。

お申し込み

スマイルサーバ Ver.4はこちらからお申込みいただけます。

サービス移行における料金と機能比較


top