ユーザサポートサイト>電子メール >機能

機能
1.対応プロトコル

SMTP/POP3/IMAP4に対応しています。
SMTP STARTTLS、POP over SSL、POP STARTTLS、IMAP over SSL、IMAP STARTTLSが利用できます。

2.使用できるアカウント

メールを使用できるアカウントはサイト管理者(admin)・メールユーザーです。
Web特権ユーザー・Webユーザー

3.容量制限

各アカウント毎に容量制限を設けることができます。容量制限はサイトマネージャーで設定します。

サイト管理者(admin)の設定はサイトマネージャーの、「サイト管理」→「adminアカウント管理」→「使用容量の制限」から行ってください。

メールユーザーの設定はサイトマネージャーの、「メール管理」→「メールユーザ管理」→「メールユーザの登録・変更」から行ってください。

4.子ドメイン設定時の挙動

子ドメインを設定されている場合、作成されているメールユーザー宛に、設定されている全てのドメイン(親ドメイン、子ドメイン)のメールが配送されるようになります。

例えば親ドメインとして example.com、子ドメインとして example.jp を設定されていて、ユーザーアカウント"info"を作成されている場合、info のメールボックスには info@example.com と info@example.jp 宛のメールが配送されるようになっています。

5.迷惑メール対策

迷惑メール対策として、下記の機能が提供されております。

機能の詳細につきましては、オンラインマニュアル「迷惑メール対策」をご参照下さい。

6.メールの転送機能

スマイルサーバのサーバーに作られたメールアドレスに届いたメールを任意の他のアドレスに転送させる事ができます。
転送先は最大10カ所まで設定する事ができます。
また、転送時にスマイルサーバのサーバー内にデータを残したまま転送するか、残さずに転送するかを選択できます。

7.転送設定の方法

サイト管理者はサイトマネージャーで全アカウントの転送設定を行うことができます。

サイト管理者(admin)用の転送設定はサイトマネージャーの、「サイト管理」→「adminアカウント管理」→「adminメールの転送設定」から行ってください。

メールユーザーの設定はサイトマネージャーの、「メール管理」→「メールユーザー管理」→「メールユーザーの転送設定」から行ってください。

メールユーザーはメールマネージャーで自分のアカウントの転送設定を行うことができます。

転送設定はメールマネージャーの、「メールアカウント管理」→「メールの転送設定」から行ってください。

8.メール送信(SMTP)の submission ポートへの対応

一部のインターネットプロバイダでは、スパムメールの対策として、Outbound Port25 Blocking ※1というメール送信の規制を行っています。
ご利用のプロバイダがこのOutbound Port25 Blockingを実施した場合は、スマイルサーバのサーバーを利用してメールの送信ができなくなる場合があります。

スマイルサーバでは、このOutbound Port25 Blocking への対応として、メール送信(SMTP)時に submission ポート(Port 587)※2をご利用になれます。

submission ポートをご利用になるには、メールソフトの設定変更が必要になる場合があります(一部対応していないメールソフトもあります)。
メールソフトの設定方法については、オンラインマニュアル「電子メール 設定・使用方法」をご確認ください。

お問い合わせ

スマイルサーバに関するお問い合わせ・ご相談を受け付けております。

お申し込み

スマイルサーバ Ver.4はこちらからお申込みいただけます。


top